結婚披露宴で演出は時間稼ぎになります

結婚披露宴において重要なのは間を持たせることだと思いました。
友人の結婚披露宴もいくつか出席しましたが、間の持たない披露宴は時間が長く感じてしまいがちです。
特に挙式から参加すると挙式と結婚披露宴の間に時間が空いてしまいます。
そこで花嫁たちが準備をしたりするからです。
このときに最近ではウェルカムドリンクが出たり軽食が置いてあったりしますが、このサービスはゲストとしてはうれしいものです。
友人同士で参加している場合はこの間もおしゃべりが止まらないはずです。
その時に飲み物片手に話していると、時間を忘れて待つことができます。
しかし、普段のバッグであれば飲み物が入っている人でも、パーティーバッグではなかなか飲み物は持っていません。
ドリンクなしで待つというのは挙式からの時間を考えると長く感じてしまいます。
もちろんウェルカムドリンクをするというのはお金がかかるということも承知の上ですが、演出の一つとして取り入れてほしいものです。
そして、結婚披露宴として欠かせないのが料理です。
料理で間が持つということもあげられます。
大体の時間は何か食べていることの方が多いでしょう。
そして、今ではコース料理だけでなくビュッフェスタイルも多くなってきています。
着席型のビュッフェや立食ビュッフェなど形はさまざまです。
もちろんどのスタイルがいいというわけではありません。
その結婚披露宴の雰囲気に合わせて新郎新婦が決めるので問題ありません。
しかし、両方にメリットデメリットがあるということをあらかじめ認識しておいた方がいいでしょう。
料理を演出の一つとして考えるならば、コース料理のほうが圧倒的に時間がかかるので間がもちます。
ビュッフェスタイルはどうしてもゲストに遠慮が出てしまうので、人数が少ないよりも大人数での結婚披露宴向きかもしれません。
あるいはカジュアルなパーティーとしてとらえてもらえれば少人数でも問題ないのでしょう。
実際に出席したビュッフェスタイルでは取りに行けて2回くらいなのでコース料理ほど満腹にもなりませんでした。
また、食べ終わったお皿は片付けられてしまうので、テーブルがさみしく感じてしまいがちだと思います。
出来る事なら、少しあらかじめテーブルに置いてあって、あとは好きなものを取りに行くというスタイルだと写真にテーブルが写ったときもさみしい印象になることはないのではないかと思いました。
また、ビュッフェスタイルにするのならば、新郎新婦がいない時間がないといいと思いました。
一通り食べてしまうと、あとは何をしていいかわからないという時間が出来てしまいます。
その間にコース料理であれば、次々に食事が出てくるので間が持ちますが、お色直し中などで席を外していて、特に演出もないとなると暇な時間が出来てしまうのです。
間を持たせるのはとても重要なことです。
嫌だと思った演出でも時間が空いてしまうよりはいいのかなと思いました。
結婚披露宴において重要なのは新郎新婦が楽しむことでもありますが、ゲストにも幸せのおすそわけとして楽しんでもらうことが大切だと思いました。
豪華な食事や演出を求めているわけではありません。
どのような進行や雰囲気にしたいかウェルカムスピーチで伝えてくれると、ゲストとしても安心です。

▲ページトップへ