結婚披露宴に招待されたら、ご祝儀は友人同士で確認するのが無難

一般的にマナー本やネット上では、結婚披露宴に出席する際のご祝儀の相場は、新郎新婦の友人であれば最低三万円が常識とされています。
しかし、地域によってかなり差があるのが実情です。
先日、東京で挙式する友人に招待され、北海道から学生時代の友人数名と出かけました。
北海道の挙式事情は少々特殊で、会費制が一般的です。
出席者は一万円前後の会費を払う代わり、ご祝儀も一万円が普通。
人によっては五千円なんてこともあるようです。
私は一時期関東で暮らしており、そちらでできた友人に招かれて、完全招待制の結婚式に出席したことがありました。
その時は飛行機のチケットから、会場となる高級ホテルの宿泊代、翌朝の朝食まで全て先方が手配と支払いを済ませてくれ、そこまでしてもらえると思っていなかったこちらが、危うく自分で別のホテルを予約するところでした。
初めての披露宴参列だったため、マナー本どおり、三万円のご祝儀を用意していたところ、現地で合流した別の友人が、いくら包んだかを尋ねてきました。
私とその場にいたもう一人の友人で、「え、三万円用意するのが礼儀なんだよね。
もしかしてもっと出さなきゃいけないのかな。
」と確認したところ、彼女は二万円しか用意しておらず、私たちの様子を見て三万円にするかどうか決めるつもりだったそうです。
交通費も宿泊費も新郎新婦に負担してもらっているのに、さらにご祝儀をケチるつもりだったのか、しかもそれを友人たちに知られても平気なのかと内心驚きました。
しかし、招待制と会費制で明確にシステムが別れている訳ではないのが出席者側の心及び懐の準備として困るところです。
冒頭で述べた、北海道民が東京で挙げた結婚式。
招待状が届いたので招待制かと思いきや、新婦から、「飛行機は早く予約した方がいいよ。
皆が同じ宿に泊まるなら、私も式の翌日に遊びに行こうかな」と言われたため、これは全額自腹だと覚悟を決めました。
私以外の同行の友人たちは、会費制の結婚式しか知らないため、それで当然だと思っていたようです。
お祝いと観光旅行を兼ねると考えればそれほど負担にも感じないかと気持ちを切り替え、それなりに楽しく旅の準備をし、東京へ向かいました。
式は夕方からだったので、新婦を除いた皆でランチを取っていると、ここでまた持ち出されたのがご祝儀の額の件です。
道内で2年前に挙式済の既婚の友人が、五千円しか用意していないことが判明。
もう一人も「一万円じゃだめなのか」と言い出しました。
一応、新婦の親友枠で招待されている者同士なので、私だけ三万円出すと、かえって他の友人に恥をかかせることになりかねません。
苦肉の策で、マナー本で読んだ「若者には三万円を負担に感じる人も多く、最近はダブルやツインの意味合いで、友人なら二万円でも失礼ではないという風潮になってきた」という言葉を信じ、間を取って全員二万円で統一することにしました。
旅費だけで数万円の出費となったうえ、お車代もないなら、ご祝儀も「それなり」でいいかという、少々なげやりな気持ちもあったことは否定できません。
これらの結婚式への参列経験で学んだのは、一般常識はそれほどゆるぎないものではなく、友人同士でも自分の負担を減らすためならお祝いの金額でさえ値切ろうとするのが当然らしいということです。
彼らは周到なことに祝儀袋は封をせず、金額も記入せずに持参していました。
けれど私個人としてはなんだかそれでは寂しく感じます。
混乱と後々の不信を招かないためには、まず招待する側が、参列者側に負担額の線引きを明確に示すべきだと思います。

▲ページトップへ