悔いなく選んだ結婚披露宴用のアクセサリー

結婚披露宴は人生で最も華やかで思い出に残るイベントです。
元々、普段に着る洋服も10年以上行きつけであるセレクトショップで買っています。
そんな私なので、もちろん結婚式・披露宴に関しては和装もドレスも時間を掛けて何度も何度も試着を繰り返し選びました。
でもそこで終わりではありませんでした。
アクセサリー選びのことをすっかり忘れていたのです。
衣装屋さんで小物合わせの段階になり、気に入ったものがすっかりないことを知りました。
その時、すでに結婚披露宴の1か月前でした。
大慌てで友達に聞いたりインターネットで探したり、全力を尽くしました。
でも、ないのです。
こだわりが強すぎるのか、そんな自分が悪いのか、でも妥協できない・・・毎日葛藤を繰り返し「いいのがなかったらどうしよう」と不安になり始めると夜も眠れない日々でした。
今思えば結婚式前で精神的にも不安定になっていたのだと思います。
平日は会社勤務があり、コンビニさえ近くにない田舎だったので帰りにショッピングという訳にもいかない環境でした。
時間と戦いながら、インターネットだけを頼りに毎晩披露宴に使うペーパー類などの準備と並行してのアクセサリー探しを続けていました。
ある時、偶然に「これは」と思う写真を発見しました。
追ってみると、販売店のサイトに行きつくことが出来ました。
でも残念ながら売り切れだったんです。
どうしても諦め切れず、そのお店に電話して問い合わせました。
その商品の入荷予定は一カ月半後でした。
私の結婚披露宴の終わった後に入荷です。
愕然としました。
代わるものをと調べて頂き、オススメ頂いた商品も素敵な雰囲気でした。
でも、もうここまで来たらそのお店に実物を見に行って買おうと決意しました。
一生に一回の晴れの日のため、どうしても悔いを残したくなかったのです。
そこで、電車で2時間以上掛けて実店舗まで行き、小さなお花のアクセサリーを買ってきました。
ただ、メインにつけたい大きなものがなく、またネットで調べまくる生活でした。
そしてまた、運命の出会いです。
「これは」と思うものを見付け、実店舗に行こうとしたら到底行きつけない遠いお店です。
一か八か注文すると・・・届いた現物は写真以上、想像以上にセンスの良いとても素敵なアクセサリーだったのです。
涙が出るほど嬉しかったです。
ヘアメイクさんには当日初めて実物を見て貰いましたが「良くこんなの見付けたね」と言ってもらえました。
披露宴で使うアクセサリーは普段は使えないので、出来るだけ予算を抑えてそれでもセンスのいいものを・・・と探した甲斐がありました。
招待した友達にも「すごくかわいいね」「あなたらしくて個性があって、こんなの見たことない。
とても似合ってる」と大絶賛でした。
写真にははっきり写らないかな・・・と思っていましたが、後日見てみると形も色もすごくきれいに写っていました。
衣装と相まって、自分で言うのもなんですがとても上品な雰囲気が出ていて、一生懸命頑張って選んで良かったと思っています。
後日、衣装屋さんに写真を見せに行くとそこでも「素敵です」と大絶賛してもらいました。
その担当の方は、こだわりの強い私がなかなかアクセサリーを見付けられないことを陰ながらとても心配してくださっていたそうなので、「いいのが見つかって良かった」とウルウルしながらおっしゃっていました。
今も折に触れてその時の写真を見ますが、悔いなく選べたことを心から良かったと思っています。

▲ページトップへ