結婚式と結婚披露宴の準備について

今から3年前の2010年に、私は、現在の主人と結婚をしました。
結婚式と結婚披露宴は、2010年の10月に行ったのですが、入籍はそれより前の6月に行っていました。
入籍を先にしたことには、いろいろと理由があったのですが、結婚式の翌日からハネムーンに行く予定をしていて、行先は海外で考えていたので、前もってパスポートを申請するために先に入籍をして、氏名の変更の申請手続きを済ませておきたかったということがあります。
また、入籍をしてから主人とは一緒に住み始めたので、結婚式や結婚披露宴を行うにあたって、さまざまな結婚準備が必要ですが、準備をする上でも一つ屋根の下だと、すぐに相談をすることが出来て、時間の無駄遣いにならず、効率が良かったです。
結婚準備には、会場を決めて日時を決めて、結婚式や披露宴に来て頂く招待客の方々をリストアップしたり、リストアップした招待客の方に招待状を作って送ったり、当日に着用するウェディングドレスやタキシードだったり、着物を決めたり、それに合わせてブライダルアクセサリーをレンタルしたり、ヘアメイクの予行練習をしたり、写真の前撮りを済ませたり、当日に招待客の皆様にお出しするお料理のコースを決めたりしなければなりませんでした。
そのほかにも、披露宴会場のフラワーアレンジメントだったり、テーブルコーディネートを決めたり、ウェディングケーキを選んだり、招待客の方々に持ち帰っていただく引菓子や引き出物を決める必要もありました。
最近では、引き出物はカタログギフトにする新郎新婦が増えています。
引き出物をカタログギフトにすると、自分の好きなものを自分で選んでもらうことができるので、てっとり早く、しかも割れ物などを結婚式の日に持ち帰ってもらう必要がないので、割れたりする必要がありません。
また、カタログギフトは冊子のため、それほど重たくもありません。
しかしながら、新郎新婦らしさが感じられないということもあるので、私たちは迷った末に、オリジナル感を出すために、ブランド食器にしました。
結婚準備の一つとして、私はブライダルエステにも行きました。
生まれて初めてエステティックサロンに行ったので、最初は緊張しましたが、ブライダルエステを受ける前よりも体重も減って、身体も引き締まり、お肌のコンディションも良くなって、ツルツルピカピカの潤った肌になったので、大満足でした。
私たちは、結婚は人生で最大のイベントで、とりわけ女性にとっては小さな頃から憧れているイベントであったので、できるだけ盛大に華やかに行いたいと思っていました。
それに、一番自分の綺麗な状態を見てもらいたいと思っていたので、ブライダルエステに通って自分磨きを行いました。
ブライダルエステは、結婚式や結婚披露宴を行う8か月前から通い始め、結構時間もかかり、お金もかかりましたが、効果が実感できたので、受けておいて絶対によかったと思います。
そのため、これから結婚をする友人には、必ずブライダルエステを受けることを勧めています。
結婚準備をするのは時間的にも、精神的にも大変なこともたくさんありましたが、それによって素晴らしい挙式と結婚披露宴が出来たので、大満足です。

▲ページトップへ