披露宴の流れ

結婚披露宴に決まった形はなく、最近では自分たちのオリジナリティを出したいという人が増えているためさまざまな披露宴の形が見られます。

決まった形はないですが、一般的に多い披露宴の形や流れというのがあるので、まずはそれを知識として知っておくのも良いでしょう。
以下に一般的な披露宴の流れを紹介します。
「ゲスト入場」招待客が控え室から会場に入ります。
この時、会場入口で新郎新婦、両家の両親、仲人夫妻が出迎えるのが一般的です。

「新郎新婦入場」招待客が着席し、両親が着席したら司会者の言葉で披露宴が始まり、新郎新婦入場となります。

「仲人の挨拶」仲人がいる場合はここで仲人の挨拶があります。
そして新郎新婦の紹介をしてもらいますが、仲人が居ない場合は司会者が行います。
新郎新婦は起立し、ウェルカムスピーチをすることもあります。

「主賓の祝辞」まずは新郎側の主賓がスピーチをし、続いて新婦側の主賓のスピーチになります。
複数名いる場合は交互に行います。
この時も新郎新婦は起立しておきます。

「乾杯」来賓の代表が挨拶をしてから乾杯の発声をします。
あらかじめ乾杯の発声はお願いしておきましょう。
新郎新婦、招待客は全員起立しておきます。
「ケーキ入刀」新婦が両手でナイフを握り、新郎が右手添えてケーキ入刀します。
この時、招待客が写真撮影のため前に来るので、少し時間に余裕を持っておきましょう。

「歓談」招待客は食事をしながら歓談します。
BGMも歓談の邪魔にならないものを選ぶと良いでしょう。

「お色直し退場」まず新婦が退場します。
仲人がいる場合は仲人婦人が、いない場合は式場のスタッフが先導します。
その後しばらくしてから新郎が退場します。
新郎新婦が中座している間は歓談タイム、そして祝電などを紹介する時間となります。

「お色直し入場、キャンドルサービス」お色直しを終えた新郎新婦が再入場し、招待客のテーブルをまわって挨拶をします。この時にキャンドルサービスを行うのが一般的ですが、最近ではキャンドルの代わりにお菓子を配ったり、写真撮影をしたりすることも多いようです。

「スピーチ」新郎側、新婦側のゲストの順で行います。
職場の先輩、同僚、友人の順で行うのが一般的です。新郎新婦は着席したままですが、ゲストの方をしっかり向いて最初と最後には軽く頭を下げましょう。

「余興」スピーチと同様に新郎側、新婦側のゲストの順で行います。
新郎新婦は座ったままで構いません。

「両親への手紙朗読」新婦から両親へ手紙を読むことが一般的です。
その際、新郎がマイクを持って新婦に向けます。両親は末席に並んで立ってそれを聞きます。

「花束贈呈」新郎新婦が末席まで進み、新郎から新婦の両親へ、新婦から新郎の両親へ花束を贈呈します。

「両家代表の挨拶」新郎の父親が両家を代表して招待客にお礼と謝辞を述べます。
しかし、最近では新郎自ら挨拶をしたり、新郎新婦二人揃って挨拶をするケースもあります。

「閉宴の辞」司会者が披露宴のお開きを告げ、披露宴終了となります。

「新郎新婦、両親退場」新郎新婦と両家の両親、そして仲人夫妻が退場します。
その後ゲストが退場しますが、新郎新婦、両親、仲人はお出迎えの時と同じように出口でお見送りをします。
この時にゲストの方と挨拶しながらお礼を述べましょう。
引き菓子などのプチギフトをひとりひとりに手渡しするのも良いでしょう。

以上が一般的な披露宴の流れとなりますが、この通りにする必要はありません。
流れとして踏まえておいた上で、どの場面で自分たちのオリジナリティを出すか、二人でアイデアを出し、式場スタッフと相談して素敵な披露宴にしましょう。

▲ページトップへ