結婚披露宴の料理選びは新郎新婦が決める

結婚式が決まり、結婚準備をしていました。
結・披露宴で出す、料理を決めるのも新郎新婦である、私たちが行いました。
結婚披露宴の料理というのは、ある程度ゲストの年齢層などを考慮して決めます。
比較的若い人ばかりが集まる結婚披露宴ですと、料理は洋食を中心としたものでも受け入れられるのではないでしょうか。
むしろ、和食よりも洋食の方が好まれるという場合もあります。
その中でも実際に試食して、おいしいと感じたものを選ぶわけですから、自由に選択する事ができます。
 結婚式披露宴に招待したゲストが、年配の方が多い場合は比較的、和食が好まれます。
私たちの結婚披露宴では、主に親族ばかりの式でしたので、年配の方々の割合が多かったです。
ですから、料理を選ぶ際はあらかじめ和食でと結婚式場のプランナーさんにお願いしていました。
 料理は試食する日を事前に予約しました。
そして二人で食事に出かける感じで、実際に食べてみて選びました。
そちらの結婚式会場では、二通りある和食コースの中から、お互いに違うコースを食べました。
そうすることにより、選ぶ事ができるからです。
 食事の後、メニュー表を確認しながら、前菜は、こちらの方にするとか、メインはこちらにするという風に二人で細かく選んでいきました。
主食に出されたのは寿司でした。
寿司のネタの注文もすることができたので、ネタの種類を交換する事に応じてもらえました。
 結婚式を行う会場によって違うのですが、私たちが選んだ結婚式場では、料理の試食は二人分までは無料でさせてもらえました。
でも、ある会場では料理の試食をする際は、普通に二人分の食事代がかかるという話を聞きました。
ですので、それぞれの会場によって食事代の事情が違ってくるので、心配でしたらあらかじめ確認をとっておくがいいのではないでしょうか。
私たちの時は、二人分までは無料でしたが、両親も一緒に食事をする場合などはその分の食事代がかかるという事でした。

▲ページトップへ