結婚披露宴の祝儀について知っておこう

友人や会社の同僚、兄弟やいとこなどの結婚が決まり、結婚披露宴に招待されると、祝儀はどのくらいがいいのか、どんな袋にしようと、わくわくします。
すると、親や兄弟、友人などに聞いたり、インターネットで調べるなどして、ご祝儀の相場を知り、自分の立場によって、金額を決めます。
今まで、友人は一律3万円にしていました。
私が、友達の中で一番早く結婚したため、自分の披露宴に友人から頂いた祝儀をノートにつけているので、それを見て同額にしています。
一般的にも、友人や同僚などは3万円が相場となっています。
少し前までは、2万円は、割りきれる数だからと避けられていましたが、最近は2がペアの意味を持っているとのことで、2万円にされることもあります。
しかし、4万円・9万円は避けた方がいいでしょう。
先日、弟が結婚したのですが、その時は兄弟にあたるので、家族4人呼んでもらって、7万円にしました。
その他に、5万円程度の電化製品をプレゼントしましたB
これは、自分が結婚したときに、主人のお姉さんが包んでくださったのと同じ額にしました。
一般的に、兄弟は5〜7万円が相場で、夫婦で呼んでもらう場合は5万円に+プレゼントをするというのが多いです。
親戚や上司、先輩は5〜7万円、後輩の場合は3万円が妥当です。
祝儀を包む際に気をつけたいことは、祝儀は全て新札にし、祝儀袋は水引が結びきりのものを選びます。
結びきりとは、一度結んだらほどけない結び方ですので、婚礼にはこれを使います。
また、中袋に新札のお札を入れて、中袋の表面の中央に漢数字で金額を記入します。
中袋の裏面には、住所や氏名を記入します。
こうすることで、新郎新婦が後に整理をする際に役に立ちますので、書くようにしています。
祝儀袋の表面には、濃い墨でフルネームを書きます。
筆ペンや毛筆で書きます。
これを、袱紗に包んで、結婚披露宴の場に持っていきます。
この際、受付の方に、まずはお祝いの言葉を述べます。
そして、袱紗を開いて、両手で受付の方に渡します。
簡単ではありますが、結婚披露宴のお祝いについて知っていただけると嬉しいです。

▲ページトップへ