結婚披露宴のデメリットとは何か

結婚披露宴を行う事のデメリットとは何かを考えてみました。
まず、結婚披露宴を開くにはお金と時間がかかります。
お金はご祝儀で賄えばいいかと考えていると、実際にかかる費用に対して、新婦は夢を持っている場合がありますので、それらを叶えていくと予算オーバーしたという話を聞きます。
ご祝儀で賄えると思っていたはずが、実際のところそんなにうまくいくものではありません。
基本プランに追加して、あれやこれやと準備費用はかかるものですので、トータルで考えると赤字になるのではないでしょうか。
それが、デメリットとして挙げられます。
  デメリットを考えると、結婚披露宴とは必ずしも必要なものなのかという疑問が出てきます。
では、結婚披露宴の必要性と不必要性を考えてみます。
披露宴を開くことにより、ご祝儀が集まりますが、それは全てウエディングのあれやこれやで消えていくものです。
披露宴は、お互いの親族たちに結婚しましたと、正式にお披露目をする機会です。
そのために莫大なお金をかけて開きます。
ですが、結婚式には必要性を感じるけれど披露宴には必要性を感じないという方もいるのではないでしょうか。
実際、私たち夫婦がそうでした。
披露宴を開くまでには色々と大変でしたが、開いたら開いたで、これでよかったのだと思うことができました。
何より母親たちが喜んでいたので、必要だったのだと思えます。
 結婚披露宴を行って分かったデメリットは、時間と労力がかなり必要だという事です。
実際、私は結婚披露宴のために、様々な準備をしてきました。
細々とした小物の準備から、ウェディングドレスを着るための準備などその労力は計り知れません。
パワーがないと結婚披露宴に臨むことは難しいといえます。
自分一人で行う準備も多々ありますが、段取りを決めて二人で打ち合わせに行く時間も必要です。
何度か、打ち合わせを重ねます。
打ち合わせをしているうちに、二人ではわからないことが出てきますので、それはお互いの母親に確認します。
披露宴を開くためには、準備に準備を重ねるため、肉体的にも精神状態にも影響が出てくる場合があります。

▲ページトップへ