ウェディングドレスの種類

ウェディングドレスは新婦が最もこだわりたいとするもののひとつです。
子供のころから綺麗なウェディングドレスを着るのを夢みてきた人も多いでしょう。
人生で一度の晴れ舞台、悔いのないように希望を叶えて、最高のウェディングドレスを選びましょう。
ウェディングドレスの入手方法や決め方はいくつかあるので、まずは具体的にその方法とそれぞれのメリット、デメリットを考えておきましょう。 最も利用されているのがレンタルウェディングドレスです。
レンタルドレスを扱うショップや披露宴を行う会場で借りるのが一般的です。
購入するよりもかなり安く借りられるので、高級なドレスも借りることができるのがメリットです。ただ、サイズの微妙な調整などは融通がきかないこともあります。
会場で借りる場合には、ドレスの種類やサイズがどれくらいあるのか、持ち込みは可能なのか、その際の盛り込み料金はどのくらいかかるのか等、あらかじめ下調べしておくと良いでしょう。
また、人気のあるドレスはすぐに予約でいっぱいになるので、気に入ったドレスはすぐに予約しておくことをおすすめします。
また、取り扱っているショップは少ないですが、オーダーレンタルウェディングドレスというものもあります。
自分でオーダーしたものを作ってもらい、着用後は返却するというシステムです。着るのは1回きりで良いが、自分の希望通りのドレスを着たいという人には便利なシステムです。
既製品のドレスを買うという場合は、式で着たドレスを自分のものとして置いておきたい人にとってはおすすめです。
レンタルよりは高くつくことが多いですが、最近は安くて種類豊富な既製品ドレスを扱うお店も増えているので、そのような格安ショップで気に入ったものを購入するのも良いでしょう。
フルオーダーウェディングドレスはデザイナーと打ち合わせをして自分のためだけに作ってもらうドレスです。
デザインはもちろん、ドレスの生地素材から細々した装飾まで希望を叶えてもらうことができます。
しかし、製作時間がかかり、料金も既製品よりはかなり高くなるので、予算や日程もよく考えてから決めるほうが良いでしょう。
主なドレスの入手方法を紹介しましたが、他にもセミオーダーのドレスや母親のドレスを受け継いで着るなど、さまざまな入手方法が考えられます。
まずは予算を決めた上で、できるだけ希望を叶えられるドレスを選びましょう。

▲ページトップへ