結婚披露宴の華やかな演出は心配りのあるブーケトスで

結婚披露宴での演出としてよく知られているのが花嫁が行うブーケトスです。
花嫁がウエディングブーケを未婚の女性に向かって後ろ向きに投げ、キャッチした女性が次の花嫁になれるという言い伝えから、披露宴での目玉イベントとして行われています。
私も結婚披露宴の際にはブーケトスによく似たブーケプルズを行いましたが、大変盛り上がり楽しいものになりました。
今回はこのブーケトスをより楽しくするためのコツを書きたいと思います。
 ブーケトスにも様々な種類があり、持っているブーケをそのまま投げる方法のほかに、ブーケプルズと言ってブーケにリボンを何本か付けておき、それを未婚の女性に引っ張らせるくじのような演出もよく知られています。
私はブーケプルズを行った際に、出席者の未婚女性が6名だったためブーケを6分割し、全てのリボンにブーケを結んで全員が当たるようにするサプライズを演出しましたが、皆予想していなかったようで大変盛り上がりました。
他にも日本ではあまり知られていませんが、未婚男性に向けて投げられるガータートスなどもあるようです。
 しかし最近では、結婚年齢も上がっており30代の未婚の女性も珍しくなくなりました。
ブーケトスの対象は未婚の女性ですので、ブーケトスを行うことによって他のゲストに未婚であることを知られたくない場合だってあるのです。
しかし、盛り上がるイベントですし、花嫁さんも結構披露宴にはぜひ行いたいという強い希望を持つ方もいらっしゃると思いますので、事前によく考えて行う必要があります。
 結婚披露宴とは、新郎新婦が結婚の報告をするとともに出席してくれた方へのおもてなしのイベントですから、未婚の女性に限らず出席者全員を対象としたイベントにしてしまうのが一番スマートなやり方なのではないかと思います。
司会者の方にお願いして、事前に説明してもらえればスムーズに行えると思います。
また、最近ではウエディング用のグッズとして大きいクラッカーからウエディングベアが飛び出すような新しいブーケトス方法もあります。
 こういったことを考慮して、出席者全員が平等に参加できる演出を行うと新郎新婦にとってもゲストにとっても楽しいものとなるでしょう。

▲ページトップへ