結婚披露宴を盛り上げるファーストバイト

ファーストバイトは昔から結婚披露宴で定番の演出ですよね。
新郎新婦がウェディングケーキを二人でカットした後、お互いに食べさせるのですが、披露宴を盛り上げるためだけではなくてちゃんと意味もあるようです。
新郎側からは「これから一生食べることには困らせず家庭を支える」、新婦側からは「これから毎日美味しい料理を作る」というものです。
新郎新婦が仲良く二人で食べさせ合うのを見るだけでも微笑ましいですが、意味を知ることで二人を祝福する気持ちも増しますね。
 著者ももちろん自身の結婚披露宴でファーストバイトを行いました。
他に余興や演出が少なかったので、盛り上げるのが目的でしたが、やってみて本当に良かったです。
ファーストバイトの前にラストバイトというものも行いました。
これはウェディングプランナーの方に勧めてもらって、そのとき初めて知ったのですが、新郎新婦がそれぞれ母親にケーキを一口食べさせてもらうという演出です。
「今日まで美味しいご飯を食べさせてくれて、育ててくれてありがとう。
これからは二人で力を合わせて楽しく暮らしていきます」という意味を込めて、サプライズで母親たちに出てきてもらい、ケーキを食べさせてもらいました。
少し恥ずかしかったのですが、母親に食べさせてもらうことで、感謝と幸せな気持ちで胸がいっぱいになりました。
後から聞くと、母親たちは仕事が増えてしまい忙しかったようですが楽しんでくれたようです。
他の結婚披露宴でもあまり見たことのない演出だったので、招待客からも好評でした。
 そしてファーストバイトはどうだったのかというと、まずは新郎から新婦にケーキを食べさせて、新婦から新郎には口に入りきらないほど大きく取ったケーキを食べさせました。
これは定番ですが、招待客の皆さんも喜んでくれましたし、自分たちも楽しむことができました。
恥ずかしいからという理由でファーストバイトをしないカップルもよく見ますが、これほど盛り上がる演出をやらないのはもったいないです。

▲ページトップへ