結婚披露宴のお礼状を書く時の事

お礼状は、結婚披露宴にきていただいた、ゲストの方々に感謝の気持ちを込めて書くものです。
また、式場関係者の方にも、お世話になりましたという意味で、お礼状を出す場合があります。
私がお世話になった結婚式場では、お礼状のコーナーが設けられていて、結婚式を挙げる打ち合わせの時に、その会議室を利用しますので見る事ができました。
会議室には、ここで結婚式を挙げた新郎新婦からの喜びの文面が沢山展示してありました。
その時に使用したウェルカムボードや、ウェルカムベアーなども一緒に飾ってありましたので、実際に結婚式を挙げる時の参考になりました。
 お礼状は結婚披露宴の時にきていただいたゲストの方たちに出すものですが、ご祝儀をいただいたけれど、結婚披露宴にはこれなかったというゲストの方にも出します。
お礼状を書くのは主に、新婦である私の仕事でした。
誰に出すのかは、あらかじめ結婚披露宴に呼んだゲストをリストアップしていました。
それをもとに、お互いの母親に訪ねてから、出す相手を決めました。
都合により出さなくてもいい場合がありますので、親戚関係の事は母親に聞くのが一番ではないでしょうか。
 特にお礼状を出しておきたいのは、仲人を務めてくれた人たちです。
私が結婚するにあたり、ご縁を結んでいただいた、大切な人たちですので必ず出しました。
それから、仲人さんにはその後もお中元とお歳暮を贈り、感謝の気持ちを伝えました。
 お礼状を書くにあたり参考にしましたのは、書店で売っている結婚披露宴の手紙の書き方に関する書籍です。
私は、書店で沢山ある参考書籍をいろいろ眺めてから、実際に手紙に書く内容の参考にしました。
それらの文面はたいてい決まっていますが、それを自分なりに少しアレンジして書くのがおすすめです。
オーソドックスな文面ですと、万人受けしますので間違いないのではないでしょうか。
個人的に気持ちを伝えたい方に対しては、オリジナルな文面を付け加えてもいいです。

▲ページトップへ