結婚披露宴のウェルカムボードについて

結婚披露宴会場の入り口に置く、ウェルカムボード。
結婚披露宴に来て下さったお客様が最初に目にする小物なので、このウェルカムボードがとても良くできていると結婚披露宴に対するテンションも高まります。
また、新郎新婦に撮っても思い出深いものになるので、結婚披露宴が終わった後も新居に飾っておけるものだと、さらに思い出深いものになります。
そこで、印象的だったウェルカムボードについて記載します。
まず、一番多くみられるのは額にお花を飾って、額の中に新郎新婦の名前や日付を書くタイプです。
こちらは、お花の種類や中の文字で新郎新婦や、結婚披露宴の雰囲気を伝える事が出来ます。
お花を花嫁が持つブーケや、会場内で使用するテーブル花とリンクさせると統一感が出てきます。
生花でも良いですが、プリザーブドや造花だと長持ちします。
手作り感を出したい場合は、キルトや刺繍などでウェルカムボードを作成するのも暖かい印象になります。
一針一針想いをこめて作るので、とても手間暇かけて作るので愛着もひときわです。
友人何人かで協力して作成すると、皆のおめでとうの気持ちが込めらるのでお勧めです。
1人で作るより早いですし、多少縫い目がばらばらでも御愛嬌です。
そして、こちらは色あせるまで長く飾る事が出来ます。
そして、会場の人全員で作り上げるメッセージ付きのウェルカムボードもお勧めです。
結婚披露宴が始まる前に、ゲストの皆さんに一言ずつメッセージを書いてもらい、ウェルカムボードに貼り付けます。
最近はメールやパソコンなど直接文字を書く事が少なくなってきているので、手書きのメッセージを貰えるのは、とても嬉しい贈りものになります。
ゲストの方々も、最初に見た時と結婚披露宴が終わる頃のウェルカムボードの印象が異なるので新鮮に映ります。
このように様々な形がありますが、新郎新婦が自分たちに合ったものを選び、新居にも飾って長く楽しめるものを選ぶと良いです。

▲ページトップへ