席次の決め方

結婚披露宴の席次を決めるのは重要な作業のひとつです。上席、末席などのルールがあり、そのルールに則った席次にしないと失礼にあたることがあるので気をつけなければなりません。
また、職場関係の人の上限関係などは特に気をつけましょう。
取引先の人を招待する場合などは席次に悩むこともありますが、そのような場合は職場の上司や先輩に相談してから決めると良いでしょう。

テーブルの配置は、基本的に新郎新婦のメインテーブルに向かって左側が新郎側、右側が新婦側の招待席となります。
そしてメインテーブルに最も近い席が上席、逆に出入り口に近い席が末席となります。

基本的に、上席には主賓や職場の上司、学生時代の恩師などが座ります。
そこから職場の先輩、友人、同僚、後輩と座っていき、最後は家族、そして末席は両親が座ります。この基本ルールはどんなレイアウトの会場でも共通で、親族については父母が末席、関係が遠い親戚や年配者ほど上座というように覚えておくと良いでしょう。
また、両家の招待客は基本的に同じぐらいの人数にしますが、多少の人数差が出てしまう場合もあります。
そのような場合は、友人席で調節をするのが良いでしょう。
状況に応じて混合席を設ける場合もあります。
しかし、知らない人同士が一緒のテーブルになっても楽しく会話ができるようにするために、なるべく年齢の近い人同士にまとめたり、趣味や話が合いそうな人を近くに配置したりと配慮することが大切です。

さらに補足として、小さな子供連れの人や妊娠中の人は出入り口に近い場所にする、夫婦で招待する場合は並んで席を配置する、遅刻や途中退出があらかじめわかっている人は出入り口に近い席にする、といったような配慮も忘れないようにしましょう。
このような気配りをきちんとしておくと、会場の雰囲気も和やかになり、招待客にも喜んでもらえる披露宴になります。

このほうに基本のルールや形式はありますが、最近は上席、末席などにこだわらないケースも増えてきています。
しかし、どのような形になったとしても招待客に失礼のないよう、招待客が居心地の良い空間にすることを一番に考えることが披露宴成功のポイントです。
こちらのサイトでは結婚披露宴の意味などの詳しい解説が記載されています。

▲ページトップへ