結婚披露宴のアクセサリーについて

結婚披露宴で新婦が使用するアクセサリーの種類は以前より多様化していると言われています。
近年は海外のウェディングの影響も多大にあり、海外ブランドのアクセサリーを使用する方も多いそうです。
私は、披露宴にてヘッドアクセサリー2種類、ブレスレット1種類、イヤリング2種類と計5種類のアクセサリーを着用しました。
それぞれとても思い入れがあり、気に入って使用したアイテムです。
まず、披露宴前半では、ヘッドとブレスレットについてはジェニー・パッカムという海外ブランドの物を使用しました。
ビジューの輝きが美しく、とてもゴージャスな物で、顔回りを華やかにしてくれました。
イヤリングも同じくビジューの輝きが美しい、揺れるタイプの物を使用しました。
清楚でありながらも豪華で華やかさのある花嫁という私のしたいスタイルにぴったりで、とても満足でした。
披露宴後半では、雰囲気はがらりと変え、ヘッドは今流行していると言われている花冠というものを使用しました。
カラードレスの色とぴったりのものを着用したかったため、オリジナルのものを作成しました。
イヤリングもそれに合わせて前半とは違うものを着用しました。
私が使用した上記のものすべて、結婚式場と提携しているドレスショップでお借りしたものではありません。
以前はドレスショップですべて完結するウェディングスタイルというものが主流だったようですが、今その選択肢はとても広がっているのです。
例えば、披露宴の前半のスタイルで使用したものはそれぞれ入手経路が異なります。
ヘッドについては海外のサイトで購入、ブレスレット・イヤリングは別のドレスショップでお借りしたものです。
後半のスタイルで使用した花冠については、アートフラワー専門のショップにて製作したものです。
カラードレスとぴったりの色・雰囲気に仕上がったため、セットのものかと招待客から問われるほどでした。
妥協なく選んだアイテムはどれも心から気に入るものばかりですし、結婚式の招待客からも非常に評判がよかったです。

▲ページトップへ