キャンペーンで探した結婚披露宴会場

13年前に結婚しましたが、当時の私は借金が多く自分で結婚披露宴をあげることが難しい状態でした。
 家内は仕事もしておらず、時間も持て余しており情報誌を読み漁っていました。
 狭いアパートに住んでいたので、結婚して数か月後にマンションを買うことも決まっていたので、できるだけ安くあげたかったのです。
 結果として見つけたのが、ビジネスホテルの結婚式場です。
 このビジネスホテルは、もともと宴会場で結婚披露宴もたまにやっていたらしかったのですが、披露宴の営業も本格的にやろうという事で、宴会場の大改装を行い新しくした記念としてキャンペーン価格での披露宴となったわけです。
 ただ、日付限定のためなんとか見つけた休日の枠に家内が押し込み、日時は決定しました。
 次に、引き出物ですがホテル側であまり準備できていない状態だったこともあり、自分たちで手配してくれと言われました。
その代わり持ち込み料は取らないですとのことで、自分たちで探すことになりました。
 家内は時間をもてあましているので、大喜びてあーでもないこーでもないと色々な所に出かけて考えてくれていまオた。
 その当時同居していたのですが、アパートに帰るとカタログがたくさんあり、とても楽しそうだったことを覚えています。
 式の音楽とかも全部決めてくれたので私はほとんど何もしていません。
 一応、司会の人と写真を取る人はホテル側で準備してくれましたので、打ち合わせに何回か行ったのと、貸衣装屋に家内と私といったくらいです。
 もっとも、貸衣装屋に何度も行ったのは家内だけで、私は自分の父の分の貸衣装のサイズを測りに行った一度だけで、全部家内が決めていました。
 後で聞いたら、結婚披露宴をあげたホテル同様、キャンペーン価格だったらしく家内の情報検索能力に脱帽しました。
 結婚披露宴の金額というものを自分なりに調べてはいたのですが、自分で調べた金額の半分以下で済みました。
また、貸衣装に至っては式場で選ぶ場合の確か3分の1程度だったと記憶しています。

▲ページトップへ