披露宴成功のポイント

結婚披露宴のコンセプトが決まったら、いよいよ詳細を決めていく段階になります。
招待客の選出、衣装、料理、ウエディングケーキ、引き出物など、決めることはたくさんありますが、まずは予算の割り振りをきとんと行うことが大切です。

あれもこれも希望を叶えたいけれど、予算をオーバーしてしまっては困ります。
まず披露宴に使える予算を考え、さらにその予算をどのように振り分けるかを考えましょう。
 ウエディングドレスだけは妥協せずこだわりたいという人、お色直しの回数にこだわりたい人、ウエディングケーキをオリジナリティ溢れるものにしたい人、料理にこだわりたい人、それぞれ希望はあると思います。
どこにこだわりたいかを決め、それ以外の節約できるところは節約することが大切です。
予算の割り振りをし、二人が披露宴で最もこだわりたい所を決めることが披露宴を成功させるポイントになります。

そして、見積もりをするためにまず必要なのが招待客の人数です。
披露宴の規模や予算を決めるために、まず誰を招待するかリストアップする作業から始めましょう。

ちなみに、両家の招待客はだいたい同じぐらいの人数にするのが常識です。
数人程度の差は問題ないですが、両家で極端に人数が違いすぎる場合はお互いで調整し合って合わせるようにしましょう。
一般的に招待客の人数に対して、その差が10%以内であれば問題ありません。
人数が決まったら、席次の決定をします。招待状の返信を待ってからでも良いですが、なるべく早めに大体の予想として案を考えておくと、その他の計画もスムーズに運ぶと思います。
席の座る場所は主賓・上司、先輩・友人、親戚、家族の順に上座から割り振ります。
この際、なるべく知り合い同士や年齢の近い人同士が同じテーブルになるように配慮すると、招待客に安心してくつろいでもらうことができ、和やかな雰囲気の披露宴にすることができます。

また、招待客が新郎新婦のいる高砂を見やすいように、高砂に背を向ける席は外して座っていただくように配慮すると、新郎新婦の配慮やおもてなしの心が伝わります。
このように、ちょっとした細かい所にもおもてなしの心を感じられるようにすることも披露宴成功のポイントです。

▲ページトップへ