結婚披露宴をおこなう必要性について

結婚披露宴というのは、結婚したら必ずするものだという方もいますが、なぜするのかということについて、自分が結婚披露宴をするにあたり、わたしは考えました。
まずよく言われているのは、それなりの規模の結婚披露宴をすると、莫大な費用がかかるので、お互い人生での大きな買い物になるということです。
それだけたくさんの貯金をはたいておいて簡単には離婚できないと感じる方が多いそうです。
披露宴を行う際に招待客からいただくご祝儀についても上記と同義と思われます。
たくさんの招待客からお祝いのお金をいただいておいて、簡単に離婚の報告などできないという、結婚後、夫婦喧嘩をした際の歯止めにもなるようです。
わたしたちが一番感じた結婚披露宴の必要性は、上記のふたつとも違い、招待客への感謝の気持ちを感じることができることです。
人生のうちで、家族・友人などそれぞれステージの異なる自分たちの大切な人たちが一挙に集うことはなかなかありません。
結婚式とお葬式ぐらいなのではないかと思います。
お葬式では、来てくれた人たちとお話することはできません。
結婚式は、自分たちのために集まってくれた招待客と交流することができる唯一の場と言えるかもしれません。
結婚という人生の大事な出来事において、集まってくれる招待客は、新郎新婦にとってとても大切な人たちで、今後も付き合っていきたい人たちであることが多いと思います。
わたしたちもそうでした。
その大切な人たちに、温かい心からの祝福を受けるのは本当に幸せなことです。
わたしたちは招待客たちからの祝福を受け、感謝の気持ちを強く感じるとともに、今まで自分たちがいかに周りの人たちに支えられてここまで来られたのかを再確認することができました。
それは、周りの人たちを大切にしようという気持ちにもつながりました。
結婚披露宴は、二人の結婚をお披露目するだけではなく、二人を支えてくれる人たちへの感謝を再認識するためにも必要なものだと思います。

▲ページトップへ