地方からの招待客が多い結婚披露宴の会場の場所選び

私たち夫婦は3年前に結婚し、結婚披露宴を行いました。
どちらも30代半ばでの結婚であったこと、私たちの新生活の場が首都圏なのにもかかわらず、両方の実家と私のそれまでの生活の場が東北地方であったことという2点から、落ち着いた場所で宿泊とアクセスがしやすい場所での結婚披露宴をするというのが第一条件でした。
まずは、大きい駅かわかりやすい駅周辺もしくはそこからのアクセスが良い結婚式場に絞ることにしました。
そして、宿泊場所が確保できること、できればホテルウェディングにしようと決めました。
結婚式場を探しているときは、私はまだ東北の某都市で働いていたのですが、首都圏の結婚式場も、インターネット上のサイトで簡単に探すことができたのは驚きでした。
確かに土地勘は全くないので、詳しい場所はわからないのですが、逆に、そんな私でもわかる場所を選べば、招待した両親や親戚、友人もそんなに大変な思いをせずに来られるだろうという目安になりました。
ネット上でいくつか目星をつけて、見学をし、最終的には東北出身者でも一度は来たことがあるであろう有名な観光地のそばで、最寄りの地下鉄の駅からも近い老舗ホテルの結婚披露宴を行い、そのまま宿泊してもらう事にしました。
どちらの両親もそのホテルの事は知っていて、場所がわかるといったのも決め手でした。
実は、ネットで色々な結婚式場を見ているうちに一日一組だけのハウスウェディングにも非常に心惹かれたのですが、そういったところは場所がわかりづらいところが多く地方出身者にはアクセスのハードルが非常に高いと思って諦めました。
結婚式場においてはそれで満足していたのですが、何と披露宴当日、台風が来てしまったのです。
招待客の方はほとんど新幹線で東京駅に来た後、JR線か私鉄で移動だったのですが、台風の影響でほとんどの電車が運休か遅延になってしまい、ただでさえ首都圏の電車に乗り慣れてない人達は非常に苦労して式場までたどり着いてくれました。
正直それを聞いたとき、結婚式場を東京駅周辺にしておけばよかった、と後悔しました。
ですが、招待客の皆さんは、思い出に残る絶対に忘れない結婚披露宴だと言ってくれます。
それは非常にありがたく受け止めながらも、結婚披露宴の場所について、天候の事ももう少し考えればよかったといまだに後悔しています。

▲ページトップへ