花を使った演出

花嫁を美しく引き立てたり、会場を華やかにしたり、披露宴に花は欠かせない演出アイテムです。
アイデア次第でさまざまな場面に使うことができるので、個性的な演出も可能です。
しかし、生花は前もって準備ができないので、手配のスケジュールや当日の搬入方法などを前もってきちんと確認してから打ち合わせをすることをおすすめします。

ブーケや会場を装飾する花をオーダーするお店は結婚式場で手配してくれるところもありますが、自分たちでショップを探したいという場合は挙式・披露宴の3ヶ月前を目安に始めると良いでしょう。

会場の雰囲気やウェディングドレスに合うイメージを考えて、イメージに合った雰囲気で仕上げてくれるショップを探しましょう。
だいたい挙式・披露宴の2ヶ月前にはオーダーするショップを決定し、1ヶ月前にはブーケや装花を決めましょう。持ち込みの場合は会場とショップの両方に当日の搬入方法なども確認しておきましょう。

ショップにオーダーする際、確認しておきたい項目がいくつかあります。
まず、希望のブーケのイメージは口頭では伝えにくいため、雑誌の切り抜きや写真など、希望のイメージのものがあれば必ず持って行きましょう。
色や花の種類、花嫁の好みなども細かく伝えることをおすすめします。
ブーケ以外の小物(髪飾り、チョーカーなど)はヘアスタイルや他のアクセサリーとの相性もよく考えてからオーダーしましょう。

ドレスやアクセサリーを合わせてのトータルコーディネイトができるようにショップにドレスやアクセサリーの写真を持っていくと良いでしょう。
また、新郎のブートニアもセットでオーダーすることを忘れないようにしましょう。

会場の装花をオーダーする場合、会場のインテリアやテーブルクロスの色、使う照明の色、イメージカラーなどをわかりやすくショップに伝える必要があります。
披露宴のテーマカラーがある場合はそれもきちんと伝えておくと、会場のトータルコーディネイトに失敗がありません。
できるだけ会場の写真をあらかじめ撮っておき、その写真を持ってショップの人と相談することがおすすめです。

生花はその日限りのものというイメージが強いですが、最近はブーケを押し花にしたり、ブリザードフラワーにしたり、ドライ加工して立体のまま保存する人も増えています。
結婚式に使った花を記念に残しておきたいという人にはぜひ加工して思い出に残しておきましょう。

▲ページトップへ