披露宴の種類

結婚披露宴は、従来は結婚式場やホテルなどのパッケージプランを利用する人が多かったですが、最近ではもっとオリジナリティを出した披露宴がしたいという人が増えています。
そのため、披露宴の種類やスタイルも多様化しており、いろいろなスタイルの披露宴が可能になってきました。
だいたい大きくわけると以下のような種類の披露宴がありますが、これを基本とした上で、さらにオリジナリティ溢れる演出をするという人が増えているようです。

まず、最もポピュラーなのが着席ディナースタイルです。
ホテルや結婚式場で定番のスタイルで、料理は日本料理、中華料理、洋風(フランス)料理のフルコースが基本となっています。
招待客の席があらかじめ決められているので、テーブルでグループごとに分けられるため、招待客が落ち着けるというのがメリットです。

しかし、進行が型どおりになったり、自由に動き回れないという堅苦しさもあり、新郎新婦も招待客とゆっくり会話することが難しいというのがデメリットです。
レストランを貸切にして着席ディナースタイルにする場合は、料理やサービスでオリジナリティを出すことができますが、あまり大人数になると店側の動線に制限が出たり、招待客の席が狭くなったりするので、招待客の人数と会場の広さをよく考えた上で決めたほうが良いでしょう。

これに対し、立食パーティースタイルは新郎新婦が出席者のテーブルを自由に回って会話することができるので、あまり堅苦しい雰囲気にならず自由な感じが喜ばれます。
また、着席スタイルと違って席をあらかじめ決めないで良いので、席次に上下をつける必要がなくなり、さらに着席の場合よりも招待客の人数を増やすことができるというメリットがあります。
しかし、年長者や親族が多い場合は避けたほうが無難でしょう。また、パーティー慣れしていない人は戸惑うことも多いので、招待客への気遣いや配慮も必要です。

和風披露宴は料亭やホテル、割烹旅館、または自宅の広間などで祝い膳を並べて皆で囲むスタイルです。出席者に年長者や親族が多い場合は、招待客の顔が見渡せて両家の親睦も深まりやすいので喜ばれます。
しかし、長時間の正座が苦痛になる場合もあるので、そのあたりの配慮も必要です。
このような基本のスタイルを踏まえた上で、細部の演出やサービスにオリジナリティを加えると良いでしょう。

▲ページトップへ